当院は、目黒区獣医師会の有志動物病院によって運営されている夜間救急動物病院です。当番医によっては犬・猫以外の診療が可能な場合があります。まずはお電話ください。

夜間救急動物病院日誌

熱中症に注意!~猫~

2011年8月27日

8月も後半ですが、熱中症の危険性はまだまだ高い季節です。

猫は犬に比べて暑さには強い生き物なので犬に比べると熱中症で来院する数は多くありません。

それでも

・太っている子

・年をとっている子

・持病がある子

などは健康な子に比べて熱中症になる可能性が高くなります。

 

犬はお散歩の時に熱中症になって来院される場合が多いですが、

猫ちゃんの場合は締め切った室内でお留守番をしていて熱中症になることが多いようです。

いくら暑さに強くても締め切った部屋の中は想像以上に高温になります。

毎年エアコンをつけずにお留守番させていた猫ちゃんが

10歳という高齢になり、体力が落ちたことで熱中症になって運ばれてきたことがありました。

 

そしてもちろん、健康な若い子でも高温の部屋に長時間いれば熱中症の危険性は高くなります。

たとえ大丈夫そうに見えても、体にはとても大きい負担・ストレスがかかっている恐れがあります。

『今までが大丈夫だったから今年も大丈夫』とは思わずに

長時間外出する時はエアコンをつけていってあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

ページトップ